1.要介護認定の申請

  まず、住民票がある)市区町村の介護保険の担当窓口に「要介護認

  定」を求める申請を行います。この申請は被保険者(=介護保険を

  受給するご本人様)またはそのご家族が行います。

 

2.訪問調査

  市町村から派遣される「認定調査員」がご自宅を訪問。被保険者様

  の心身状態を調査し、その結果をもとにコンピューターによる一次

  判定が行われます。

 

3.主治医意見提出

  訪問調査と一次判定の結果や主治医意見書を元に介護の必要性・程

  度について審査します。

 

4.要支援・要介護認定

  介護認定審査の結果が通知されます。

  介護サービスをうけなくとも自立できる方は「非該当」の認定、適

  用される場合は「要支援」または「要介護」の認定が通知され要支

  援の場合はその度合いに応じて~2段階要介護の場合はその度

  合いに応じて1〜5段階に分けられます。これをもって介護保険の

  申請は完了です。

 これらの手続きは、皆さんに代行して行います。
 専門用語など、慣れない言葉や手続きなど、介護認定の手続きは何か

 と大変なものです。そこで「介護相談センター」では介護認定申請手

 続きを代行します。

 

 必要な書類の収集・作成から関係機関での窓口手続きまで、すべて

 「介護相談センター」にお任せください。

 

 まずは、一度お問い合わせください。

 (TEL: 043-306-2013)